日本ドラマ

掟上今日子の備忘録

「掟上今日子の備忘録」は、著者西尾維新の忘却探偵シリーズ小説が原作となっています。主人公の掟上今日子(新垣結衣)は、置手紙探偵事務所の所長です。寝ると記憶を失ってしまうため、忘却探偵と呼ばれています。寝た瞬間に、つい先ほど起こった出来事もすべて抹消され、記憶に残らないため、1日以内で解決できる事件のみを引き受けています。記憶のバックアップとして、マジックペンで、体中に自分自身で書いたメモでチェックしています。名探偵である掟上今日子を取り巻く登場人物も魅力的です。隠館厄介(岡田将生)は、今日子さんに恋心を持ちつつも、毎回「初めまして」と挨拶されてるという切ない思いをしています。何かと事件に巻き込まれ、ついていないことが多いですが、人柄の良さは今日子にも通じているようです。この他にも、アパルトマン兼探偵斡旋所「サンドグラス」所長絆井法郎(及川光博)の謎めいた感じや、也川塗(有岡大貴)の敏腕さ、幕間まくる(内田理央)の見かけからは想像できないような腕っぷしの強さと、それぞれがとてもいい感じを出しています。ミステリーの謎解きの面白さや、記憶を忘却してしまうことへの切なさ、さらには、今日子と厄介の恋の行方など、見どころ満載のドラマです。

 

ダブル・キッチン

1993年から放映された二世帯住宅を舞台にした嫁姑問題ドラマです。このドラマのすごいところは、何と言っても出演者、共演者が非常に豪華だということです。山口智子さんが高嶋政伸さんの妻役で、高嶋さんの母親役に野際陽子さん、野際さんの夫役に伊東四朗さんというビッグネーム揃いの配役で毎週金曜日の21:00から放映していました。このドラマは世間でもよくある嫁姑問題にスポットを当てたドラマとなっています。掃除や料理、日常生活、夫の母と同居することになるということは、その家のしきたりに自分を合わせなければならないということです。そのため、共感を呼びやすい内容となっています。お葬式や出産に関して姑が自分の時代の常識を持ち込んできたり、それに対して嫁が今の時代の常識をぶつけ、毎回衝突します。山口さんが部屋の物に当たったら、野際さんが部屋にある太鼓を叩くというシーンが衝突の象徴として描かれています。
何より、気の強い嫁役を演じた山口さんがハマり役で野際さんによくそこまで言うなあという感想が出るほど、お互いの当たりが強いドラマです。最終回の視聴率が30%を超えたモンスタードラマなので、現在の嫁姑問題に照らし合わせて見ても大変面白いと思うので、ぜひ一度見てみてください。

 

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

このドラマは主人公の河野悦子が、出版社の文芸校閲部という地味な部署に配属されながらも切磋琢磨、奮闘する姿をコミカルに描いています。石原さとみ演じる主人公が、学生時代から憧れていたファッション雑誌LASSYの編集者になることを夢みて日々目の前の仕事に全力を注ぐパワフルな女性像が印象的です。相手役の菅田将暉扮する幸人はちょっと独特な雰囲気の若手作家を好演しています。繊細な心の内が垣間見えるちょっとしたしぐさや表情に注目です。偶然出会った幸人と悦子はすぐに互いに惹かれあいますが、それぞれが抱える目標と現実に翻弄され、なかなかスムーズに恋愛は発展しません。若者たちの日々の小さな悩みや葛藤がアップテンポで楽しく描かれています。ストーリー以上に強いインパクトを与えるファッションにも注目です。毎回悦子のコーディネートが静止画でクローズアップされ、まるでファッション誌の切り抜きのようにかわいらしい姿が演出されています。小物を上手に使ったおしゃれテクニックはすぐにでも真似したくなるものばかりです。このドラマは新しいスタイルのお仕事ドラマです。悦子と幸人の上手くいきそうでなかなか前に進まない恋愛模様にじれったさを感じつつも続きが気になる素敵なドラマです。

 

孤独のグルメ

ハンサムでもない、悪人でもずばぬけた善人でもない、自分の仕事先や上司にでも普通にいそうな、普通の男『井之頭 五郎』が美味しそうに食べる美味しそうなものを、ただただ眺めるドラマです。酒飲みの方でしたら、酒場放浪記やワカコ酒のようにひたすらその居酒屋メニューを楽しく飲み食いというテレビが多々あるのですが、お酒を抜いて「ひたすら食事を美味しく食べる」という番組はほとんどありません。このドラマは、ドラマ仕立てですが井之頭 五郎が、仕事先でふと気になったランチだとか、夜遅くまで仕事をしていて終電過ぎに入ったお店で、ひたすら食べる!食べる!!食べる!!!という旺盛な食欲振りと、そのメニューを楽しむという形式で、あえて近いものを探すなら大食いチャンピオンや、おでぶさん扱いされるタレントさんが、無理せず美味しく食事を楽しむのを、こちらも楽しむというのが一番似ています。この番組は、空腹上体で見てはいけませんというのが一番の注意どころ。美味しい食事を食べながら、もしくは食べた後でゆっくりテレビを見ているのでないと、画面に集中できなくなってしまいますので要注意です。愛だの恋だのは絡まない、こんなドラマもたまにはいいのではないでしょうか。

 

 

紹介している作品は、2017年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください

関連ページ

日本映画